Skip to main content

模造品は大きな問題ですか?Curvature ではそれにどのように対応しますか?

市場には特に、Ciscoなどの主流ブランドのネットワーク機器の模造品がありますが、Curvature では最近模造品が減少していることを確認しています。2001 年~ 2002 年の時期に、市場に多くの模造機器が出回りましたが、メーカー、法執行機関、中古市場販売店の努力により、これらの製品の取り扱いが大幅に減りました。今日、最も一般的な模造品は、PIX カードや GBIC などの低価格モジュールになっています。模造品を根絶するため、Curvature には模造品撲滅プログラム (CAP) があります。CAP は、疑わしい機器を識別し、詳細な検査を行うために隔離し、進化する模造品の技術を文書にまとめ、包括的な知識ベースを維持するための厳密な方法を含みます。この知識ベースは、Curvature の世界中の品質技術者により、すべての機器が本物であり、工場仕様を満たしていることを保証するために使用されます。業界全体でのこの戦いを支援するために、Curvature はUNEDA (Used Networking Equipment Dealer Association) の創立メンバーとなっています。この組織の使命の 1 つは、模造品検出方法が 300 社以上のメンバー全員と共有されるように支援することです。販売店と顧客の間でアウェアネスが、模造品と戦うための最良の方法です。