Skip to main content

中古ネットワーク機器の見直し

ネットワーク機器の中古品・再生品 - 優れたコスト効率、延長保証、丁寧な対応、優れた販売後のサポートを提供

車、ゴルフクラブ、電子製品など、消費者が中古品を求める場合、その理由は、通常は高額な製品を格安の値段で手に入れることができることです。 企業が中古のネットワーク機器の購入を検討する場合も、その理由に違いはなく、コストの大幅な節約、または、コストをはるかに上回る価値のあるものを入手できることです。 最新モデルの機器を必要としない企業であれば、50 ~ 95% のコスト削減が可能です。 IT のプロたちも、中古・再生ネットワーク機器の購入には、コスト面のほかにも優れた利点があることに気付き始めています。たとえば、現行製品と前世代製品の豊富な品揃え、迅速な製品発送、標準の 1 年先出し部品交換保証、テクニカル サービスの丁寧な対応など、製造業者や正規販売代理店といった従来の製品調達経路では見られることのない充実したサービスを受けることができます。

これほど魅力的なサービスを伴う中古ネットワーク機器であれば、企業が利用しない手はありません。 実際、大企業から小企業まで、すでに多くの企業が中古ネットワーク機器を購入しており、その人気は高まりつつあります。 通信サービス プロバイダ、金融機関、医療機関など、特にミッションクリティカルなネットワークの保守の重要性を認識している多くの企業・組織が、プロダクション ネットワーク環境に中古機器を導入し始めています。

しかしながら、IT マネージャは重要な機器の購入に関しては、当然慎重な態度を示しています。 特に、機器調達源の信頼度と提供される機器の品質が懸念の対象となっています。 では、どうすれば中古機器、再生機器を初めて購入する際に、それが適切な選択であるかどうかを見極めることができるでしょうか?

新製品の真価?

ネットワークのニーズによっては、市場最新の機器ははその高額な値段以外には、中古製品と特に大きな違いがないことが多くあります。 プロ野球のドラフトで一番人気の新人を選ぶのと同様に、きらきら輝く最新のアクセサリを満載した新品のネットワーク機器には、驚くような高額な値札が付いてきます。 それに比べ、過去に確かな実績を積んだベテラン選手を採用するほうが、経済的で確実な場合が多くあります。

毎年、製造元は最新製品を発表しますが、新機能が必ずしも企業に必要とされる訳ではありません。 企業環境においてこのような新機能を使うメリットがない場合は、高額な投資に対して十分な投資回収率は実現されません。 通常、OEM の新製品の利幅は 90% を超えるため、中古機器を購入することで、中核的なネットワーク コストを大きく削減でき、その他のミッション クリティカルな技術導入や戦略投資に削減分の資金を回すことが可能になります。

Used Cisco