メインコンテンツに移動

ガートナーレポート:「ネットワーキングで最大の不当な高値を避ける方法」

Gartner Avoid The Biggest Rip-Off in Networking

Gartner Access

魅力的な値引きを歓迎しない人はいませんが、コモディティ化したネットワーキング機器の最良価格を、推測ゲームによって決めてはなりません。ところがメーカーは、共通コンポーネントの価格を他の製品よりも大きな利幅で設定することが多く、企業はネットワークの一部で必要以上の出費を強いられています。

大きな資本を必要とするネットワーク購入の費用を減らそうと、自社のIT経費を油断なく見張っているI&Oのリーダーでさえ、強引な販売戦術の餌食になることがあります。失敗を招くもう1つの原因は包括値引きを受け入れることであり、そのような値引きは、表面上は有利に見えても、詳しく調べてみると一部で不当な価格のつり上げがなされていることがわかります。

大きな資本を必要とするネットワーク購入の費用を減らそうと、自社のIT経費を油断なく見張っているI&Oのリーダーでさえ、強引な販売戦術の餌食になることがあります。失敗を招くもう1つの原因は包括値引きを受け入れることであり、そのような値引きは、表面上は有利に見えても、詳しく調べてみると一部で不当な価格のつり上げがなされていることがわかります。

ここでは、ITおよびネットワーキングの予算を最大限に生かすためのヒントをいくつか示します。そして、このアドバイスはネットワーク機器だけに限られるものではないことも覚えておいてください。これはサーバーをはじめとしたすべてのIT機器にあてはまることです。

一括の値引き率に同意しないこと: メーカーは装置全体をひとまとめにして扱いたがりますが、場合によってはさらに値引きを求めなければ、みすみす無駄な出費を見逃すことになります。例えば、ネットワークトランシーバーをはじめとした共通コンポーネントには高い利幅が設定されていることが多く、そこにはさらなる値引き交渉の余地があります。定価の75%引きで入手できるかもしれない品目がある場合に、一律33%の値引きで妥協する必要はないはずです。自ら確認しようとしなければ、相手も教えてはくれません。

サードパーティ製の機器に対するメーカーのFUDを信じないこと: 私はもう何年も前から、代替機器の調達と第三者保守/サードパーティメンテナンスに関するあらゆる種類の話題で、メーカーの言うFUDの偽りを暴いてきました。企業による共通した勘違いの1つに、サードパーティの光学機器を購入するのは違法であるとか、あるいはそうした機器は性能が劣るといったものがあります。これはいずれも真実ではなく、メーカーや従来の再販業者が独立機器の購入を思いとどまらせようと、執拗にこうした脅しの策略を使っているにすぎません。

実際のところ、有名ブランドの製品と比べても価格以外では見分けのつかないサードパーティの光トランシーバーが市場には溢れています。現にメーカーはトランシーバーをマスターサプライヤーから仕入れていますが、サードパーティの光学機器プロバイダーが利用しているのもまったく同じサプライヤーであるという事実は注目に値します。

独立した審査を受けること: 最大限の値引きがされているかどうかを知る唯一の方法は、相手の提案に全面的に同意する前に、独立組織に依頼してネットワーク機器の企画案について検証してもらうことです。公平な専門家に、価格の見積もりと提案された機器のリストを調べてもらうのが最適な方法です。なぜなら、過剰品質の機器や、値段が高いだけで不必要な機器オプションをリストに含めることで、メーカーが値引きの一部を「取り戻そう」とした状況を、私たちは無数に見てきたからです。依頼者の最大限の利益を考える公平な専門家に支援を求めるのであれば、最終的な評価および購買プロセスの中にその作業を加えることで得られるメリットはコスト以上のものがあるはずです。

ネットワークの購入は予算に大きな打撃を与えるものですが、こうした手順に従えば、その打撃を和らげることができるに違いありません。その結果として「浮いた金額」は、より戦略的な可能性やビジネスのイニシアティブに焦点を当てたプロジェクトに回すことができます。

より実際的な洞察と、すぐに使えるヒントについては、ガートナーのアナリスト、Andrew Lerner氏とSanjit Ganguli氏による最近のレポートを参照してください。

以下の項目に入力することで "How to Avoid the Biggest Rip-Off in Networking" (ネットワーキングで最大の不当な高値を避ける方法)」への無料アクセスがご利用いただけます。

 


Gartner, How to Avoid the Biggest Rip-Off in Networking(ネットワーキングで最大の不当な高値を避ける方法)Andrew Lerner & Sanjit Ganguli, 03 August 2017年8月3日ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。GARTNERは、米国および世界各国におけるGartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービス・マークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

Questions? Comments?

Talk to our team of expert engineers, product managers, and technicians by emailing us at experts@curvature.com