サード・パーティ・メンテナンスにまつわる通説を覆す|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもうCurvature
新しいAsk the Expertビデオ:ハイパーコンバージドインフラストラクチャとNutanixポートフォリオ
HCIとNutanixに関するディスカッションをご覧
ください。

ブログ

サードパーティ・メンテナンスに関する一般的な神話を覆す

TPM(サードパーティ・メンテナンス)の人気が高まるにつれ、神話が生まれるのは避けられません。そこで、TPMに関する誤解を集め、その理由を説明します。

誤解1:TPMプロバイダーはソフトウェアのアップデートにアクセスできない

TPMを使用する際の懸念としてよく挙げられるのが、重要なソフトウェアのアップデートができなくなることです。この懸念は妥当なものではありますが、一般的なソフトウェアアップデートのニュアンスや複雑さを無視したものです。まず、機能アップデートを受けられなくなるという懸念は、一般的には発売されたばかりの機器にのみ当てはまるものです。

実際、新しく発売された機器の最初の3年間を過ぎると、公開されるアップデートの数が急激に減少することがよくあります。例えばサーバーハードウェアの場合、私たちの経験では、アップデートの90%以上がハードウェアの保証期間中である最初の3年間に行われます。それ以降に重要なソフトウェアアップデートが行われることはほとんどありません。

さらに、ファームウェアのアップデートは、私たちが出会ったデバイスの大半で中止されているか、保守契約とは無関係に行われています。また、パッチが適用されていないデバイスの影響により、セキュリティアップデートは通常、無償で公開されています。もちろん、ブランドによっては、ソフトウェアアップデートが公開されている場合もありますが、そのような心配は無用です。

神話2:TPMは本質的にリスクが高い

もう1つのよくある間違いは、TPMはコスト削減と引き換えにオリジナル・メーカーのサポートを受けられるという誤った考え方で、TPM戦略は本質的にリスクが高いということを暗示しています。しかし、これはインフラ全体をTPMに強制的に切り替えることを前提としており、ほとんどの場合、私たちは支持しません。

TPMアプローチの最初のステップは、独自のClearView手法を用いたインフラの詳細な評価です。これにより、インフラのどの部分がTPMに適しているのか、既存の品質や標準を維持しながら最大限のコスト削減を実現するための適切な洞察を得ることができます。

しかし、すべてのTPMが同じように作られているわけではありません。適切な評価を行うためには、必要な知識と経験を備えた信頼できるパートナーと協力する必要があります。その結果、企業は、契約書の細かい文字を解析し、既存のハードウェアを正しく分類するための適切で最新の専門知識を得ることができます。

誤解その3:熟練したエンジニアを確保できるのはメーカーだけ

長引く、そして時に語られることのない不安のひとつに、メーカーだけが機器の適切なサポートを提供できるという認識があります。これは私たちが真剣に受け止めていることであり、Curvature のセントラル・エンジニアは、認定資格を持ち、サポートする製品について平均10年以上の直接経験を持つ、経験豊富な人材です。

私たちは、現地に派遣され、必要に応じて機器のトラブルシューティングを行う専門家であるフィールドサービスエンジニアについても、同様の基準を用いています。逆に、すべてのメーカーがすべての地域や国にエンジニアを配置しているわけではなく、多くのメーカーはフィールドサービスエンジニアを現地のパートナーに委託していることも知っておいてください。

30年以上にわたって企業向けの保守サービスを提供してきた当社の事業規模は、グローバルな企業のサポートに対応しています。つまり、スケールメリットとモチベーションを活かして、エンジニアに最新の知識と最高の認定資格を提供しています。

神話その4:TPMプロバイダーは品質の高い部品を持っていない

TPMプロバイダーにとって、特にレガシー機器や耐用年数(EOL)が近づいている機器の場合、高品質なスペアパーツを入手できるかどうかは、正当な懸念事項です。世界最大の再生ハードウェア・サプライヤーとして、Curvature は、一貫した品質を保証するためにメーカー部品を調達し、テストするためのアクセスと能力を持っています。これが、多くのメーカー・チャネル・パートナーが当社を通じてスペアパーツを調達している理由です。

世界各地に倉庫を持ち、メーカー純正部品のグローバルサプライチェーンを構築しているため、スペア機器を供給し、幅広いメーカーのプラットフォームをサポートすることができます。また、メーカーが製造中止以降の機器のサポートに対応していない場合もありますが、Curvature のようなTPMプロバイダーは、レガシー機器を持つ企業をサポートすることで、成功し、持続可能なビジネスを構築してきました。

結論として、TPMは「オール・オア・ナッシング」のスイッチではなく、「ダイヤル」のようなものだと考えるべきだと思います。メーカーによるサポートとサードパーティによるメンテナンスの適切な組み合わせを見つけてこそ、企業は最適化されたハイブリッド・サポート・モデルから最大限のメリットを引き出し、大幅なコスト削減とITの俊敏性を実現することができます。また、サポート対象となるハードウェアの割合は時とともに変化しますが、メーカーの販売サイクルではなく、自社の技術・ビジネス要件とハードウェアの構成に基づいて評価を行う必要があります。

無料のClearView評価をご希望の方は、今すぐお問い合わせください。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]