5年神話を覆す:リフレッシュ・サイクルを自分で決めるCurvature
新しいブログサプライヤーの多様化:More Critical Than Ever
クリックすると、業務上の混乱を緩和する上で、ベンダーの多様化が極めて重要である
ことが分かります。

ブログ

5年神話を覆す:リフレッシュサイクルを自分で決める

"スイカの種を食べれば、胃の中でスイカが育つ!"

この言葉を子供の頃に聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。私のように、大人になって子供の頃の神話が真実ではないことに気づくまで、この言葉を信じていた人もいるでしょう。あるいは、誤って飲み込んでしまったガムが表面に出てくるのを7年間も待っているかのどちらかです。しかし、行動パターンを助長するのは、親子間の神話だけではありません。IT分野を含め、あらゆるビジネスシーンで神話が蔓延しています。特にIT分野では、「5年神話」と呼ばれるものが存在します。 

ここでいう「サイクル」とは、5年ごとにネットワーク機器を買い替えることです。このサイクルは、サーバーやストレージ製品を購入する際には意味があるかもしれませんが、ネットワーク機器に関しては、これはOEMメーカー自身が広めた神話なのです。 さらに言えば、この非常にコストのかかる神話(誰も必要のないものを買いたがらない)は、サポート終了を早めるポリシーによってCIOに強要されることが多い。製品を購入するときに言われることを思い出してみてください。通常、製品を購入する際には、"この製品のMTBF(平均故障間隔)は35年です!"と言われます。 そして、購入してから5年後には、サポートを終了する「End-of-Life」のアナウンスがあります。 まさにクレイジー!

とはいえ、正気に戻りつつあります。 いくつかの独立系アナリスト企業(Gartner、Forresterなど)は、CIOに対し、この3~5年のサイクルは無駄が多く、ネットワーク機器は通常7~10年、場合によってはそれ以上の寿命があると報告しています。ネットワーク機器は、サーバーやストレージとは大きく異なり、高品質で高性能、そして最も重要なのは、長く使えるように設計されていることです。 ほとんどのネットワーク機器はソリッドステートで、可動部品がなく、サーバーやストレージよりも低温で動作し、MTBFも大幅に長くなっています。 また、スイッチングにはムーアの法則はありません。企業ではいまだに何百万人もの人が10/100の接続しか必要としていませんが、これは10年前と同じ要件なのです。 1Gbについても同じことが言えます。新しい3750Xスイッチが登場したとき、その3750Gスイッチに10Gbポートを追加することを本当に必要としていた人は何人いたでしょうか? 確かに、必要とされる10%の状況では、それを購入することは意味がありました。

フォレスターコンサルティングによると、79%の企業がネットワークインフラを1年から5年ごとに更新しています。また、85%の企業が、ベンダーがサポートを継続してくれるのであれば、自社の機器をもっと長く使いたいと答えています。

私は、この「ネットワークに関する5年目の神話」はまさに神話であり、それはコストのかかるものであるとお伝えしたいのです。

私たちは、お客様が継続的なサポートを受けながら、今の状態を維持できるようにすべきだと考えています。企業のIT環境はそれぞれ異なるため、一律に同じ更新サイクルにすることはできません。 現行の機器と旧世代の機器の両方を、維持したいと思う期間だけサポートするソリューションを探してください。また、自社のネットワークに合ったサポートオプションを探してください。お客様のネットワークのインフラを理解しているエンジニアに相談し、OEM契約以外の意見を求めてください。

リフレッシュサイクルを自由に選択できることで、ネットワークのコントロールを取り戻すことができますが、これは神話ではありません。

—–

このブログ記事を気に入ってくださった方は、こちらもご覧ください。

www.curvature.com/Blog/Dont-Bury-Your-End-of-Life-Gear-Revealing-truths-in-the-IT-atmosphere

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]