インフラ主導の破壊がビジネス変革を促進する|日本経済新聞Curvature
新しいAsk the Expertビデオ:ハイパーコンバージドインフラストラクチャとNutanixポートフォリオ
HCIとNutanixに関するディスカッションをご覧
ください。

ブログ

インフラ主導のディスラプションがビジネスの変革を促す

アクセスレポートのグラフィック
コスト削減の要求、技術的負債の管理、新しいアプリケーションのサポートの必要性などにより、かつてないほどの混乱が生じています。今回のガートナー社のレポートでは、ガートナー社のVPアナリストであるフィリップ・ドーソン氏が、サイロ型からインフラ・コンポーネントの再利用をサポートする統合型モデルへの考え方の転換の必要性について語っています。

この本では、I&Oのイノベーターが、手っ取り早い解決策を超えて、画期的なイノベーションを実現するために必要なステップについて説明しています。これには、コンポーネントを再利用するための統合戦略の策定、退職、合理化、再配置による標準化、クラウド技術を軸としたインフラ主導型破壊(ILD)の推進などが含まれます。

このレポートは、サイロから再利用可能なサービスへとシフトしようとしている企業に便利です。しかし、専門家による支援とさらなる信頼性をお求めの場合は、Curvatureのカスタマイズ可能なソリューションがお役に立ちます。当社のアセット・ライフサイクル・サービスを利用して、コストを削減し、効率を向上させ、サイロ化したインフラから移行しましょう。

下記のフォームにご記入いただくと、ガートナー社のレポートにアクセスできます。

Gartner, Move From Siloed Infrastructure-Led Disruption To Reusable Services, 26 February 2020, Philip Dawson.
GARTNERは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国および国際的な登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断転載を禁じます。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]