ガートナーEMEA ITイベントでTPMが主役に|GartnerCurvature
新しいブログサプライヤーの多様化:More Critical Than Ever
クリックすると、業務上の混乱を緩和する上で、ベンダーの多様化が極めて重要である
ことが分かります。

ブログ

Gartner EMEA ITイベントでサードパーティメンテナンスが中心的役割を果たす

先月、ロンドンで開催された「Gartner IT Financial, Procurement & Asset Management Summit」で、今年のガートナーのイベント6件を巡るワールドツアーの一環として講演を行いました。ガートナー社のリサーチ担当バイスプレジデントであるジョー・アン・ローゼンバーガー氏による基調講演では、ITコストの把握と分析、ソフトウェア契約の交渉におけるハードボール、ソフトウェアサポートポリシーの厳格化など、実践的かつ身近なアドバイスが聞けるものと期待していました。

そこで、IT調達のあらゆる分野に精通しているジョー・アンが、サードパーティによる保守や代替調達のメリットについて語り始めたとき、私の喜びは想像に難くありません。彼女はサミットの参加者に、コスト最適化の機会を継続的に活用するようアドバイスするために、このトピックを取り上げました。彼女の洞察は、ハードウェアの更新サイクルとサポートに関してITが直面している戦略的な選択をテーマにした私のプレゼンテーションと同じでした。

その後、私たちはジョー・アンと話し、Curvatureの参加目的を改めて説明した。彼女は私たちの価値提案を理解してくれただけでなく、次回のガートナー・サミットでCurvatureの中古ハードウェア調達とNetSure のサードパーティ・メンテナンスを引き合いに出すことを申し出てくれた。何年もの間、OEMメーカーによる誤った情報が絶え間なく垂れ流される中で、その声に耳を傾けようと叫び続けてきた結果、高名なアナリストにその価値を認めてもらえたのです。数十年後、OEMによるメンテナンスコストの高騰、機器のアップグレードの強要、早すぎるサポート終了宣言がついに壁に突き当たったということだろうか。

流れは変わり始めているようだ。私のセッション中、Cisco や EMC といったベンダーが早期のアップグレードを強要していることによる設備投資の制約について、多くの参加者がうなずいていた。明らかに、この指摘や他の多くの指摘は、私のぎっしり詰まったセッションの参加者の心に響いた。

私はまず、手を挙げて質問に答えてもらいました。"この1年間で、OEMのアップグレードだけで設備投資をしなければならないというプレッシャーを感じた人は何人いますか?"半分以上の人が手を挙げてくれました。そして、次の質問にも全員が手を挙げてくれました。"ビジネスで必要になるまでアップグレードをしないで済むようなオプションに興味がありますか?"

私は、機器のライフサイクルを延ばすためのヒントを提供しながら、他のアップグレードやメンテナンスの神話を暴露することで、彼らの注目を集めた。私のスライドを携帯電話で撮影している人が何人もいた。セッションが終わった後も、質疑応答は延々と続いた。通常のOEMのFUDを論破するチャンスはたくさんあった。私が気に入った質問は、ある参加者からのもので、「もしSMARTnetがすべての機器に搭載されていない場合、Cisco 、SMARTnetのサポートを拒否することができるのか」というものだった。彼のCisco の担当者は、この「オール・オア・ナッシング」アプローチを提唱していたが、私はそれが完全に誤りである理由を説明した。

そのため、論破する仕事はまだたくさんあるが、我々の業界セグメントとCurvature に対する機運は高まっているようだ。私たちのブースでの活動は活発で、多くの質問が寄せられ、私たちの答えに明らかな関心が寄せられていた。おそらく、Cisco 、欧州のリセラーがSMARTnetに加えて独自のシェアード・サービスを販売することを認めているからだろう。おそらく、OEMの法外なメンテナンス・コストや制限的な購買慣行を見て、企業はもっと明確な目を持つべき時が来たのだろう。

そのため、11月上旬にダラスで開催される米国版の展示会に参加することを楽しみにしています。ITトランスフォーメーションを推進する上で、オルタナティブな調達・保守戦略が果たす役割はますます大きくなっており、活発な議論が展開されることを期待しています。

このトピックについてどう思う?強制的なOEMアップグレードについての私の質問に手を挙げただろうか?Curvature が関与している他のイベントに興味がありますか?ニュース、イベント、プレスリリースをご覧ください。

——

このブログ記事を気に入ってくださった方は、こちらもご覧ください。

www.curvature.com/blog/are-you-ready-for-the-next-industry-inflection-point

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]