ハードに働き、スマートに働く:ラダークライマーの特徴|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもうCurvature
新しいAsk the Expertビデオ:ハイパーコンバージドインフラストラクチャとNutanixポートフォリオ
HCIとNutanixに関するディスカッションをご覧
ください。

ブログ

Working Hard & Working Smart: Traits of the Corporate Ladder Climbers

2014年も終わりに近づき、私たちはこの1年が自分のキャリアにどのような影響を与えたかを振り返る傾向にあります。浮き沈みを分析し、自分のパフォーマンスを評価し、将来の目標を設定します。多くの社員は、来年はより高い目標に向かって努力するでしょう。

私は、人事部でのキャリアの中で、会社の階段を駆け上がるのを何度か目撃してきましたし、自分でも少しは登ってきました。出世するために必ず通らなければならない道というのはないと思いますが、一般的には、経営者やキャリアに関する決定権を持つ人は、次のような人材を求めていることが多いと思います。

  • 物事を実現する人。リーダーとしての可能性を示す最も早い兆候の一つは、顔を出し、何が起こっているかを把握し、計画を立て、皆を巻き込んでそれを実現する人です。それができれば、あなたには明るい未来が待っています。
  • 勇気あるリスクテイカー。私たちは、リスクを取ることでしか達成できません。私たちは試行錯誤しながら学び、経験から成長します。成功からは自信を、失敗からは知恵を得ることができます。何が潜んでいるかわからない恐怖に直面し、真っ先に飛び込むことは勇気がいることです。
  • 物事を成し遂げる社員。ハードに働くべきか、スマートに働くべきか。それは難問ではありません。世の中で何かを成し遂げようとするなら、努力も必要だし、頭も使わなければなりません。そして、それ以上に重要なのは、障害を克服し、忍耐強く、自分がやろうとしたことを実際にやり遂げることができるかどうかです。
  • イノベーター。イノベーターとは、現実世界の問題を特定し、人々が実際に使用できる素晴らしい解決策を見つけることに成功した人のことです。
  • 自分の意見を言い、ありのままを伝え、たとえそれが不評であったり、不愉快な結果になったりしても、正しいことをする人。 もし、あなたのマネジメントがそれを評価せず、現状を守り、彼らが聞きたいことを話す人を評価するのであれば、もっと良い雇用主を探すべきでしょう。
  • 勝利を目指すチームプレーヤー。 有能なリーダーは、象徴的なマーベリックでも、チームプレーヤーでもありません。たいていはその両方を兼ね備えています。もちろん、自分のチームを勝利に導くための原動力は必要ですが、どんなに会社の階段を上ったとしても、常に経営陣の一員であることに変わりはありません。ステークホルダーは常に存在します。
  • 自分と他人に責任を持たせる人。自分の行動に責任を持ち、他の人にも同じことを期待することは、おそらく長期的な成功を予測する上で最も強力な要素です。

Tobak, S. (2014, July 28).企業のハシゴを上りたい?Ignore 99% of Career Advice.http://foxbusiness.com/technology/2014/07/28/want-to-climb-corporate-ladder-ignore-career-advice

——

このブログ記事を気に入ってくださった方は、こちらもご覧ください。

www.curvature.com/blog/A-Culture-of-Giving-Paving-Way-for-Tomorrows-Technologists

 

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]