ブロードコムが提供する新しいVMwareを使いこなすためのクイックガイド|Blog|ブロードコムCurvature
新しい Ask The Expert ビデオ:Broadcom による VMware 買収の概要 Pt. 2
こちらをクリックして、Broadcom による VMware の新しい展望についての第 2 回目のディスカッションをご覧
ください。

ブログ

VMware by Broadcomの新しい展望をナビゲートするクイックガイド

ブロードコムが2023年11月にVMwareを買収したことで、VMwareが提供する製品には、軽微なものからインパクトのあるものまで、さまざまな変更がもたらされました。IT 予算の計画を始めるにあたり、重要な変更点の概要をご覧ください。Broadcom は現在もアップデートを発表しているため、最新情報を随時ご確認ください。

変化

  • すべてのVMware製品ライセンスは、永続的な提供からサブスクリプションベースの提供に変更されました。
  • vSphere/ESXi のライセンスはコア ベースになり、1 CPU あたり最低 16 コアのライセンスが必要になりました。
  • VSANは、クラスタ内のストレージ全体の(使用できない)TiBに基づいて、容量ベースになりました。
  • VMwareが提供するすべての製品は、vSphere Standard、vSphere Foundation、VMware Cloud Foundationの3つの主要製品に統合されました。

サブスクリプション・ベースのモデルについて知っておくべきこと

永久ライセンスの廃止は、すべての VMware ライセンスがサブスクリプションベースのライセンスとしてのみ提供されることを意味します。この変更により、ライセンスコストに関して、CapEx から OpEx へのシフトが期待できます。しかし、vCenter とこれらの VMware ライセンスのサポートは、以前は永続的な CPU ライセンスとは別に購入する必要がありました。

vSphereとvSANの変更点の説明

vSphere のライセンスは CPU ごと、コアベースとなり、ライセンス取得には最低 16 コアからとなります。以下はその内訳である:

  • もし 8コアCPUを2つ搭載したサーバーを2つ搭載したサーバーがある場合、どちらもコアベースのライセンスが必要で、実際のコア数よりかなり少なくても、最低16コアのライセンスが必要です。つまり、半分しか使用していないにもかかわらず、合計32コア分のライセンスを支払うことになる。
  • もし つの20コアCPUこれらのCPUは最低16コアを超えているため、合計40コア分のライセンス料を支払うことになります。

この変更は、あなたの仮想化環境に大きな影響を与えるかもしれない。VMwareの以前のvSphereライセンスモデルは、CPUごとに最大32コアまでだった。このため、一部のエンドユーザは、コア数のライセンス料を支払うことになると考えただけで、ワークロードに必要なコア数よりも多い CPU を購入していた可能性があります。今こそ、自分のハードウェアをよく見て、CPUをライトサイジングすることが良いアイデアかどうかを判断する重要な時です。

vSANは以前はvSphereと同様にCPUベースだった。現在は、クラスタが使用するストレージ全体のTiB(テラバイト(TB)ではなく、テビバイト(Tebibytes))によってライセンスされる。TiBとTBの違いに馴染みがない場合は、1TB≒0.91TiBなので、TB単位のドライブスペースの総量をTiBに変換して、十分なスペースをライセンスしていることを確認する必要があります。さらに、クラスタ内のすべてのサーバにわたる未加工容量の合計量を考慮に入れてください。vSAN で構成すると、使用可能な容量が小さくなるとはいえ、未加工容量の合計量をライセンスする必要があります。

新しい統合製品

ブロードコムがVMwareを買収した際、VMwareはその膨大な数の製品を3つのコア製品だけに縮小した。最初の vSphere Standard は、vSphere Standard のライセンスであり、VMware が以前提供していた vSphere Standard ライセンスと基本的に同じである。vSAN も使用したい場合は、次の 2 つのサブスクリプションのいずれかを選択する必要があることに注意する必要がある。

次の vSphere Foundation には、vSphere Enterprise Plus、Aria Suite Standard、およびコアあたり 100GB の vSAN ライセンスの試用版が含まれています。しかし、ここに含まれるこのトライアル vSAN ライセンスが vSAN 環境全体のライセンスを取得するのに十分でない場合、環境全体をカバーするのに十分な量の vSAN ライセンスを購入する必要があり、このオファーは無効になります。

最後に、VMware Cloud Foundation には、vSphere Foundation に含まれるすべての機能に加えて、ネットワーク用の NXS、HCX Enterprise、SDDC Manage などのその他の主要な機能が含まれています。VMware Cloud Foundation を使用すると、購入した vSphere ライセンスのコア数 1 つにつき 1 TiB の vSAN ライセンスが無償で提供されます。

このような変化の中、あなたは一人ではない

このような変化に圧倒され、VMware 環境の将来について少し不安を感じても心配はいりません。CurvatureVMwareと弊社の親会社であるPark Place Technologiesは、お客様の信頼できるアドバイザーとして、これらの変更をナビゲートし、お客様の環境の将来を計画します。さらに詳しいサポートをご希望の場合は、今すぐお問い合わせいただくか、Curvature または Park Place のアカウント担当者までご連絡ください。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]