Power7がEOLになり、サードパーティのメンテナンスが選択肢に|ニュース|ACCRETECH - 東京精密Curvature
新しいAsk the Expertビデオ:ハイパーコンバージドインフラストラクチャとNutanixポートフォリオ
HCIとNutanixに関するディスカッションをご覧
ください。

ニュース

EoL Power7がサードパーティ製のメンテナンスに出されている。

先日、当社のグローバルメンテナンス担当副社長が、『IT Jungle』誌の記事の中で、Power7およびそれ以前のサーバーにTPMカバーを検討することのメリットについて言及しました。

IT Jungleに掲載された記事によると

Power7およびPower7+サーバーのハードウェアサポート契約を結んでいるIBM iショップにとって、今日から1週間後に正式にEOL(End of Life)を迎えることになります。新しいPower8またはPower9マシンに移行する準備ができていない組織には、セーフティーネットを放棄することなくPower7マシンを使い続けることができるサードパーティの保守オプションがあります。

Power7ハードウェアサポートの9月30日のEOLは、IBM2年前からこのイベントについて話していたので、驚きではありません。ビッグブルーは、2019年3月31日にEOLとなったPower6マシンや、わずか7日でEOLとなるPower7を含む旧システムからのアップグレードのために、Power Systemsの顧客に十分な時間を与えてきました。Power6は12年以上前にデビューしましたが、Power7とPower7+はそれぞれ2010年と2012年に登場しています。

...サポート契約の快適さを好むIBM iショップは、サードパーティ・メンテナンス(TPM)会社と協力して、Power7およびそれ以前のサーバーをカバーすることができる。国内最大手のひとつは Curvatureノースカロライナ州シャーロットを拠点とする同社は、IBM、Hewlett-Packard、およびその他の企業のさまざまなビンテージ機器をサポートしている。

IT Jungleの記事全文はこちら

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]