Curvature ガートナー社のTPM競争環境分析に選ばれました。Curvature
新しいAsk the Expertビデオ:ハイパーコンバージドインフラストラクチャとNutanixポートフォリオ
HCIとNutanixに関するディスカッションをご覧
ください。

ブログ

Curvature ガートナー社のサードパーティ・メンテナンスの競合状況において「トップ・パフォーマー - ネットワーク」に選出

世界中の組織がサポートへの投資対効果を高める上で、サードパーティメンテナンス(TPM)の役割はますます大きくなっています。10年近くにわたり、Curvature 、当社の主力製品であるNetSureメンテナンス・サービスを利用して、特に保証期間終了後のデータセンターおよびネットワーク・デバイスのサポート・コストを最適化してきました。

ガートナー社が最近、この重要な業界分野に注目することを決めたのも、そのためです。ガートナー社の第1回競争環境レポート「データセンターおよびネットワーク・メンテナンス・コスト最適化のためのサードパーティ・メンテナンス・プロバイダーの活用(北米)」Curvature 、「トップ・パフォーマー-ネットワーク」に選ばれました。RK "に選ばれた。 1

このレポートの著者であるクリスティン・テネソンは、ガートナー社のマネージド・ビジネス&テクノロジー・サービス・チームのリサーチをサポートするリサーチ・ディレクターです。レポートの中で彼女は、「TPMの契約により、顧客はOEMサポートの定価から平均60%の節約をすることができます。しかし、機器の種類、設置場所、製品の密度に応じて、TPM契約による節約の範囲は、OEMリストの50パーセントから95パーセントまでとなっていることをガートナーは確認している」と書いています。

長年にわたり、Curvature 、マルチベンダーや多国籍環境の調達とアップグレードの方法を変革しながら、顧客に同等のサポート節約を一貫して提供してきた。ガートナーがサードパーティのメンテナンスにスポットライトを当てたことに拍手を送りたい。

OEMは、必要かどうかにかかわらず、すべての機器をOEMの保守契約で保護することを組織に求めている。また、OEMは、すでに導入されている機器の存続の可否にかかわらず、顧客に新世代の機器へのアップグレードを強制し続けたいと考えています。今回発表されたガートナー社のレポートは、様々なサードパーティの保守サービスを利用する機会に光を当てるのに役立つと考えています。

ガートナー社のレポートでは、「トップ・パフォーマー」、「ライジング・スター」、「ディスラプター」、「スタラワート」、「セカンダリー・ハードウェア・エントラント」の代表的な属性・特徴に応じて、サードパーティ・メンテナンス・プロバイダーが特定されています。ガートナー社は、トップ・パフォーマーとみなされるために、以下のような属性・特徴を持つ企業を探しました。

  • グローバル
  • 現在、大きな市場シェアを持つプロバイダー
  • しっかりとしたブランド認知度、充実したサービスの提供
  • 高度に自動化されたプロセス
  • チャネル戦略の策定

サードパーティ・メンテナンス・プロバイダーに関する初の報告書に参加できたことを光栄に思うとともに、この貴重な市場セグメントが成長を続け、繁栄していくことが、Curvature 、当社の顧客、そして業界全体にとって良い結果をもたらすものと期待している。グローバル企業が、フットプリント全体に適用できる、より柔軟で経済的なサポート・オプションをますます求めるようになるにつれ、私たちは、北米およびそれ以外の地域でも、サードパーティ・メンテナンスの機会が加速すると考えています。

今、業界の有力者、意欲的なプロバイダー、声高なお客様の協力を得て、より良いサポートと調達の選択肢が存在すること、そして世界中の企業がIT環境のコントロールを取り戻すことができるという事実を、私たちは声を大にして伝えることができるのです。

——

1 ガートナー、Competitive Landscape。Leveraging Third-Party Maintenance Providers for Data Center and Network Maintenance Cost Optimization, North America, Christine Tenneson, March 2016.

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]