IT/ハイテク・カテゴリー・マネジャーがサステナビリティの道標になるには?Curvature
新しいAsk the Expertビデオ: Cisco Meraki モードとは何ですか?
Cisco スイッチングの選択肢について、 !Curvature

ブログ

IT/技術カテゴリーマネージャーがサステナビリティの道標になるには

サステナビリティは年々重要性を増しています。より多くのテクノロジーが家庭や商業で使われるようになり、二酸化炭素排出量は指数関数的に増加しています。 今こそ、リユース、リパーパス、リサイクルを行い、電子廃棄物の増加を防ぎ、不要になったIT資産の適切な処分を改善する必要があります。

  • データセンターの二酸化炭素排出量は全体の約0.3%ですが、個人のデジタル機器、携帯電話ネットワーク、テレビなどを含むICTエコシステム全体では、世界の排出量の2%以上を占めており、ICTの二酸化炭素排出量は航空業界の燃料による排出量と同程度だと言われています。
  • これは、ICTのカーボンフットプリントが、航空業界の燃料による排出量と同等であることを意味します。
  • 一方で、E-waste(電子機器廃棄物)は増え続けています。国連(UN)が発表した グローバルe-wasteモニター2020は、電子廃棄物を世界で最も急速に成長している国内廃棄物の流れとみなし、2019年だけで5360万メートルトン(Mt)の発生を記録しています。2030年には、世界のe-wasteは年間74Mtに達すると予測しています。
  • 重要な問題のひとつは、世界のE-wasteのうち、回収・リサイクルされるのはわずか20%であることです。残りの量は文書化されていないため、埋め立てや焼却、違法な取引、標準以下の方法で処理され、有害物質が環境に流出し、地面や所定の場所に住む人々を汚染している可能性が高いということです。

サステナビリティの道標になるために、私たちがどのようなお手伝いができるか、今すぐお問い合わせください。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]