あなたのデータセンターはモノのインターネットに対応していますか?|Curvature
新しいAsk the Expertビデオ: Cisco Meraki モードとは何ですか?
Cisco スイッチングの選択肢について、 !Curvature

ブログ

あなたのデータセンターは「モノのインターネット」に対応していますか?

テクノロジーとはおかしなものです。大人になるのを待ちきれない子供のように、私たちは未来が今日ここにあることを期待します。時には期待を抑えてから、次に来るものに対応する準備をすることも必要です。

そのため、技術的な飛躍には通常時間がかかり、企業においても新しい技術が大きな影響を与えるまでにはさらに時間がかかるのです。

技術が進歩するたびに、基準が設定され、アイデアが定着するまでには、賛否両論の議論が長くなる傾向があります。

クラウドコンピューティングを例にとると、2000年代半ばにAmazonのEC2(Elastic Compute Cloud)が登場したと思われるかもしれません。しかし、クラウドコンピューティングを実現するアイデアの芽は、実は60年代初頭に「Intergalactic Computer Network」という形で誕生しています。当時、団塊の世代が作ったSFチックな名前ですね)。

昨今、IoT(Internet of Things)という言葉が話題になっています。この言葉を聞いたとき、皆さんはまずこう思ったのではないでしょうか。どういう意味なんだろう? モノ にインターネットがあるってどういう こと?

簡単に言えば、スマートフォン、冷蔵庫、シャンプーボトル、ウェアラブルなど、日常的に使用しているものが相互に通信できるという考え方です。クラウドコンピューティングのように、このアイデアはゆっくりとしたペースで成熟し、開発者と消費者の両方にとって意味のあるものになりつつあります。

私は、Google HomeとSonosを持っています。それらは互いにつながり、私と情報やサービス、エンターテインメントをつないでいます。今のところ、これらは先進的に見えますが、かなりベーシックなものであり、IoTの可能性を十分に引き出しているとは言えません。

しかし、「モノのインターネット」は大きく発展するでしょう。例えば、卵が不足しているときに、卵パックが勝手に買い物リストに追加されるようなことです。

モノのインターネット」は、生活の向上やビジネスの円滑化に大きな可能性を秘めています。あらゆるものが接続されることで、家庭で発生する情報の量を想像してみてください。さらに一歩進んで、そのような未来では、(現在のような)ビッグデータは小さなものになるのではないかと想像してみましょう。

大手アナリスト企業は、2020年末には約260億台のIoTデバイスが設置されると予測しています。

データの洪水は膨大なものになるでしょう。

データ、データ、そしてさらにデータ - それは新しいハードウェアを意味するのか?

レイテンシー、キャパシティ、アベイラビリティのすべてが、デジタル・サプライチェーンを介した接続能力とともに、高まる関心事となっています。データセンターでは、無数の小さなデータが常に流れ込んでくるため、ダウンタイムが許されない環境になります。データセンターが消費する企業の帯域幅の合計トン数は?

心がざわつきます。

Twitterがダウンしたことに腹を立てたことがある人は、卵パックが卵を買うことを思い出させてくれないと、絶対に腹を立てるでしょう。拡張性があり、失敗しないデータセンターを持つことは、これまで以上に重要です。IoTの世界とそのリアルタイムなニーズに対応するように設計されたデータセンターが必要になります。

SMS|CURVATURE 、私たちはインフラを革新し、すでにあるものでより多くのことを行い、ライフサイクル管理に包括的なアプローチをとることの重要性を強調しています。

ここ数年のIT投資の低迷で企業が学んだことは、レガシーネットワーク機器はハードウェアの故障やソフトウェアの問題の発生率が新しい機器と同じであるということだ。実際には、古い機器の 方が故障の頻度 が少ないことがわかった。その理由を知りたい方は、バスタブ・カーブについての入門書をお読みください。

勘違いしてはいけないのは、IoTの次に来るものに対応するためには、最先端のピカピカのデータセンターが必要だということです。

IoTに対応したデータセンターを構築するための戦略は、このブログの範囲を超えていますが、その方法については、こちらに参考となる記事があります。

IoTの時代に向けてデータセンターをどのように設計するかは別にして、柔軟性と適応性があること、つまり革命というよりは進化であることが求められます。

また、データセンターを進化させるためには、ライフサイクルマネジメントの包括的なアプローチが必要であり、単に最新の機器を導入するために一括して淘汰されないように配慮する必要があります。

何十億ものデバイスが相互に通信する未来に向けて、手持ちの信頼できる機器でより多くのことを行うための革新的なアプローチを見つけ出すことができれば、「モノのインターネット」の先駆けとなる準備ができていることになります。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]