新しいサーバーはいつ必要?| ブログCurvature
新しいブログサプライヤーの多様化:More Critical Than Ever
クリックすると、業務上の混乱を緩和する上で、ベンダーの多様化が極めて重要である
ことが分かります。

ブログ

サーバーのアップグレードはいつですか?

仮想化、コンテナ、より強力なプロセッサー・コアの登場により、ITの状況は劇的に変化した。今や、企業は目覚ましいパフォーマンスと効率性の向上を利用できるだけでなく、資金をかけずにITワークロードを増やすことができる。Cisco サーバーを使用しているか、Dell EMC を使用しているかにかかわらず、既存のサーバー利用を最適化するには、いつ、どこで、どのようにすればよいかを知る必要があります。

まずは、ワークロードの増加に合わせてメモリの容量を確保することから始めましょう。そうしないと、ボトルネックが新たな現実となってしまいます。従来、サーバーには、DIMM(Dual In-line Memory Module)を増設するための余裕がありました。一般的に、DIMMは価格が高いため、企業は設備投資のために最初のラインを短くすることが多いからです。

賢明なITリーダーは、メモリの価格が時間の経過とともに低下することを知っているので、追加費用を絶対に必要になるまで延期するのは賢明な方法です。ほとんどのアプリケーションにおいて、メモリを増設することは、既存のサーバの寿命を延ばすための答えとなります。

この基本的なベストプラクティスは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えることなく、予算を最大限に活用することを可能にします。機器のライフサイクルを延長することで、ビジネスプランニングとIT調達のバランスをとることができます。

理想のITライフサイクルを求めて

理想的なITライフサイクルを決定することは、多くの企業にとって大きな論点となっていますが、そうする必要はありません。確かに、メーカーは3年ごとに機器をリフレッシュするよう喧伝しますが、このアプローチは必要でもなければ、推奨されるものでもないかもしれません。助けが必要なときに、最初で最後の電話をIBMのメーカーやHPEサーバーの担当者にする必要はありません。機器のITライフサイクルについて、より客観的なアドバイスができる専門家は他にもいます。より良いリフレッシュ・アプローチは、困ったときに最初にメーカーに電話するという悪い習慣を断ち切ることで、簡単にできることもあります。賢明なITリーダーは、サーバーのライフサイクルに関する知識を身につけることで、自分たちの利益を第一に考えています。

では、x86サーバーのライフサイクルとして最も適切なものは何でしょうか。調査によると、3~5年が一般的で、例外的に12年という報告もありますが、ここで重要なのは、組織に最も適した期間にこだわることです。これは、メーカーの介入を受けない社内の決定事項であるべきです。簡単に言えば、サーバーは思ったより長く使えるものであり、いつ、何が必要なのかは自分自身が一番よく知っているのです。リフレッシュのために必要なことがあれば、いつでもメーカーに電話するような訓練を受けてはいけません。複雑なレガシーIBM xSeriesサーバーからLenovo xServerサーバー、その他マルチベンダーシステムまで、サポートに関するアドバイスが必要な場合は、客観的なエキスパートがお手伝いします。

80/20ルール」を喚起する

このような状況では、おなじみの「80/20ルール」が活躍します。こう考えてみてください。ITインフラの80%は、言われているよりもずっと長持ちします。ならば、パフォーマンスやイノベーションで最大の効果を得られる20%に集中してはどうだろうか。

例えば、あるラジオ・テレビ会社は、物理的なIT設置面積を削減しながら、増加するコンテンツ配信の要求に応えようとしています。クラウドファースト」のアプローチを採用するために、この企業はアジャイル開発戦略の一環として、年に20%のインフラを更新しています。

同時に、残りの80%のIT資産を管理するために、第三者保守(TPM)プロバイダーによる延長保証プログラムを利用しています。このアプローチは、必要な予算を削減するだけでなく、リスクを軽減し、コストを削減しながら、最高レベルのサービスを確保することを可能にします。

リデュース、リユース、リサイクル

IT資産のライフサイクルを延長するもう一つの利点は、IT資産の処分サービスを利用できることです。機器が交換されるたびに、再利用、再販売、リサイクルの機会があることを忘れないでください。デコミッションプロセスの一環として、デインストール、検査、テスト、不要な機器の評価など、資産回収のための支援を受けることができます。

IT資産のライフサイクル管理に関しては、自分の選択肢を知り、それを貫くことだ。Cisco サーバー、Dell EMC サーバー、HPE サーバー、Sun-Oracle サーバー、IBM zSeries、Lenovo xServer サーバーのどれを使用しているかに関係なく、アップグレードは常に議論すべきことであり、前提とすべきことではありません。独自のスケジュールでアップグレードすることが、最大のコスト削減と運用効率化をもたらし、また、最高額の下取り価格を確保する機会にもなります。壊れていないなら、直さなくてよい」という格言は、すでに持っているものを最大限に活用することをテーマとするときに、最も大きな声で語られます。

サーバーのアップグレードのタイミングについてもっと知りたいですか?こちらからご連絡いただければ、当社のテクニカルエキスパートにおつなぎします。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]