Curvature uses cookies to enhance your user experience. By continuing to browse this site, you are giving your consent for us to set cookies.

ライブチャット

Email

TEL

お見積依頼

テックガイド: ASR 1000シリーズ

ASR 1004シリーズルータの当初のゴールは、従来のルータと比較してより多くの仕事を、より小さな筐体でこなす、というものでした。
特に、スケーラビリティとデータセンタ内のデバイスを統合するといった狙いがあります。ファイアウォール、ディープパケット・インスペクション、
セッションボーダコントロールの機能が筐体に盛り込まれており、追加ハードウェアなしに、様々な能力を持たせることができます。

しかしながら、そんな多機能のASR が提供する全てのオプションが手に余ることもしばしばあります。
最終的には、ユーザにとって何が必要かを見極めることが重要です。そこで、ユーザの意思決定をサポートするため、
今回、私たちエンジニアチームがASRの主要なコンポーネントと、筐体のキャパシティ、固定構成のハードウェアなどを解説します。

ASR 1000 は、モデルおよび装着されたカードに応じて 2.5Gbps ~ 100Gbps のスループットに対応する、Cisco のミッドレンジ ルーターです。このプラットフォームは、BGP ボーダー ルーター、ブロードバンド アグリゲーション、IPSec アグリゲーション、大規模 NAT ゲートウェイ、高性能セッション ボーダー コントローラ(SBC)などの用途に対応します。ASR 1000 は、システム構成を問わず一定のスループットを維持するハードウェア方式のフォワーディング エンジンを搭載しています。

筐体

ASR 1000 シリーズには、ASR 1001、ASR 1002、ASR 1002-X などの固定コンポーネントや、ASR 1004、1006、1013 などの完全モジュール式システムなど、さまざまな筐体が用意されています。以下は、筐体の機能および固定ハードウェアについての概要です。

ASR 1001
ASR 1002
ASR 1002-X
ASR 1004
ASR 1006
ASR 1013
1 SPA card slot 3 SPA card slots 3 SPA card slots 1x RP slot 2x RP slots 2x RP slots
4x SFP slots onboard 4x SFP slots onboard 6x SFP slots onboard 1x ESP slot 2x ESP slots 2x ESP slots
Integrated RP2 Integrated RP1 Integrated RP2 2x SIP card slots 3x SIP card slots 6x SIP card slots
Integrated SIP10 Integrated SIP40 Option of RP1 or RP2 Option of RP1 or RP2 Can take an RP2
Fixed ESP (2.5Gbps base, license upgradeable to 5Gbps) Option of ESP5 or ESP10 Fixed ESP (5Gbps base, license upgradeable to 10, 20 or 36Gbps) Option of ESP10, ESP20, or ESP40 Option of ESP10, ESP20, ESP40, or ESP100 Option of ESP40 or ESP100

 

RP (ルート プロセッサー)

ASR 1000 ルート プロセッサーは、IOS の実行、システムの管理、すべてのコントロール機能 (VPN トンネルのセットアップ、SIP セッションの開始、ルーティング プロトコルの実行など) の実施を行うルーター コンポーネントです。

現時点では、最大 4GB のメモリに対応する RP1 と、最大 16GB のメモリに対応する RP2 の、2 つの RP モデルが用意されています。高い可用性の確保およびサービス実行時のソフトウェア更新を可能にするため、ASR 1000 RP では、2 つの IOS イメージをアクティブ/スタンバイ構成で実行 (要ライセンス) でき、搭載しているメモリの半分のみが IOS イメージの実行に利用されます。

ESP (組み込みサービス プロセッサ)

ESP カードは ASR 1000 のフォワーディング エンジン:RP がフォワーディング テーブルを作成して ESP に送信し、ESP が転送、暗号化、その他のパケット処理をすべて実行します。ASR 1000 の ESP は、2.5Gbps ~ 100Gbps のスループットに対応します。ESP40 や ESP100 は、RP2 と組み合わせて使用する必要があります。

SPA カードとキャリアー

ASR 1000 のインターフェイスには SPA カードのみが使用されます。ASR 1001 や ASR 1002 など小型の筐体は SPA カード スロットを装備していますが、ASR 1004 以上の大型システムで SPA カード スロットを使用する場合は、ASR 1000 SIP キャリアー カードを利用する必要があります。SIP カードには、SIP10 (最大スループット 10Gbps) と SIP40 (最大スループット 40Gbps) の 2 つのモデルがあります。

これらの SIP カードを使用する場合は、以下の点にご注意ください。

  • SIP10 では最大 2:1 のオーバースクライブが可能になっていますが、
    それ以上のオーバースクライブを行うと、システムによって
    SPA カードがシャットダウンされます。
  • SIP40 は 40Gbps のスループットに対応しますが、最速の
    SPA カードは 1 ポート式の
    10GbE カードです。また現時点では、
    SIP40 をオーバースクライブすることはできません。
Twitter Facebook LinkedIn
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 Charlotte, NC
+1(704)921-1620 [email protected]