BroadcomによるVMware買収の概要 Pt.Curvature
新しいAsk the Expertビデオ:ハイパーコンバージドインフラストラクチャとNutanixポートフォリオ
HCIとNutanixに関するディスカッションをご覧
ください。

専門家に聞く

ブロードコムによるVMware買収の概要Pt.

特別版エキスパートに聞く:VMware by Broadcom Landscape Part 2

Christine Austria とCurvatureのサーバー&ストレージ ソリューション セールス エンジニアである Matt Swann が、Ask the Expert の特別シリーズ第 2 回目のエピソードとして、Broadcom による VMware 買収について掘り下げます。このエピソードでは、Broadcom による VMware の買収が意味するものについて説明します。

クリスティン皆さん、こんにちは。Broadcom-VMware 版「Ask the Expert」の第 2 回目のエピソードへようこそ。今回は、サーバおよびストレージ ソリューション セールス エンジニアの Matt Swann が担当します。前回は、Broadcom が VMware の製品ラインを引き継いだ際に行われた高レベルの変更について概説しました。本日は、これらの変更の影響について説明します。マット、どうぞ。

マットありがとう、クリスティン。今日のビデオで最も強調したいのは、この新しいサブスクリプション・モデルでは、ユーザーはCPUをより意図的に選択する必要があるということです。以前のvSphereの永久ライセンスでは、1つのCPUを最大32コアまでライセンスしていました。つまり、エンドユーザは必要以上にコア数の多いCPUを選択していた可能性があります。現在、サブスクリプションはコアベースで、1CPUあたりの最小コア数は16コアとなっている。つまり、以前はワークロードに必要なコア数よりも高いコア数を選んでいたとしても、新しいモデルでは、現在のCPUが16コア以上であれば、技術的には必要ないライセンスに対して過剰に支払うことになる可能性が高いということだ。

クリスティンこの点を説明するために、簡単な例を挙げてくれませんか?

マット: 例えば、あなたのワークロードはサーバーに18コアのCPUを2つしか必要としなかったとします。しかし、以前の永久ライセンスでは、24コアのCPUがお得だったので、それを使うことにしました。現在、コアベースのサブスクリプションモデルでは、1コアごとにライセンスコストを支払うことになるため、ワークロードが必要とするのは18コアのCPUが2つだけであるにもかかわらず、1CPUあたり24コア×2CPUとなる。つまり、新しいモデルでは、技術的には必要のない12個のCPUコアの追加ライセンスを支払うことになり、不必要なコストが発生することになります。

クリスティンそうですね。この重要な変更について、お客様にガイダンスを提供することはできますか?

マット私たちは、この新しい展望を案内するお手伝いができるのは確かで、実はそれは次回のエピソードでお話しすることですので、ご期待ください。

クリスティンいいですね!では、これらの変更がもたらす他の影響についても触れてみませんか?

マット:そうですね。もう1つ明らかなのは、永久ライセンスからサブスクリプション・ベース・ライセンスへの移行により、この新しいモデルでは長期的にOpExコストが増加する可能性が高いということです。最後にもう1つ指摘しておきたいのは、vSANはvSphere FoundationとVMware Cloud Foundationという2つの上位vSphereバンドルと組み合わせた場合にのみ利用できるようになったということだ。基本的なvSphere Standardライセンスでは使用できない。

クリスティン マット、このトピックに関する素晴らしい概要をありがとう。VMwareの買収によってもたらされた変化の詳細については、以下のコメント欄にマット・スワンが書いたブログへのリンクを追加しておきます。その他、セールス・エンジニアに質問がある場合は、コメントを残すか、弊社までご連絡ください。それではまた次回、特別版「Ask the Expert」でお会いしましょう。

VMwareの買収に関するご質問は、当社の熟練したセールス・エンジニアにお問い合わせ ください。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]