ハイブリッド・クラウドによるストレージ環境の最適化Curvature
新・専門家に聞く:サーバー・メモリを知る 第2回 サーバー・メモリに関するディスカッションをご覧ください!

ブログ

ハイブリッド・クラウドでストレージ環境を最適化

アクセスレポートのグラフィック
I&Oのリーダーの多くは、データインフラをパブリッククラウドに拡張したいと考えています。これにより、オンプレミスのストレージの総所有コスト(TCO)、アジリティ、スケーラビリティを改善することができます。

しかし、企業の場合は、両者を結びつける便利な方法がないため、オンプレミスとパブリッククラウドの両方のストレージを使用することは、互いに分離していました。また、隠れたコストの存在や、企業のデータセンターとインフラ・ソリューション・プロバイダー間のネットワーク帯域が限られているために大容量データのハイブリッド・クラウド・ストレージが困難であること、多くのベンダーが双方向の同期機能を備えていないことなど、多くの課題がありました。

ガートナー社のこの詳細なレポートでは、I&Oのリーダーたちに、ハイブリッド・クラウド・ストレージを活用するための5つの異なるアプローチを提示し、ユースケース、その利点と限界、そして比較を丁寧に説明することで、どのアプローチがニーズに合うかを明確にし、方向性を示しています。

本レポートの内容を簡単にご紹介します。

さまざまなハイブリッド・ストレージ・アプローチとその影響
各アプローチの利点、制限、一般的な使用例
ハイブリッドクラウドストレージ導入のベストプラクティス

下記のフォームにご記入いただくと、ガートナー社のレポートにアクセスできます。

データセンターの統合や移行のために業界で認められたエキスパートをお探しの場合、Curvature「データセンター&クラウド移行サービス」は、データセンターの移行や統合、クラウド移行、ハイブリッド移行など、データセンターの変革をサポートするために設計された包括的な7段階の方法論です。当社の確立された移行プロセスとベテランの移行専門家により、お客様の環境を変革します。


ガートナー、「ハイブリッド・クラウド・ストレージへのトップ5アプローチ - ユースケース、メリット、限界の分析」、2019年7月9日改訂版、2018年1月9日発行、ジュリア・パーマー、アルン・チャンドラセカラン、ラジ・バラ。
GARTNERは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国および国際的な登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断転載を禁じます。

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]