Cisco ISR G1とG2の比較|Cisco ルーターのパフォーマンス|ISR G1 vs. G2Curvature
新しいAsk the Expertビデオ: Cisco Meraki モードとは何ですか?
Cisco スイッチングの選択肢について、 !Curvature

技術ガイド

ISR G1とG2ルーターについてCisco 。

最近、Cisco 、次世代エッジ・ルーター・プラットフォーム(ISR Gen2、1900/2900/3900)の採用を顧客に働きかけている。すでにCisco アカウント・マネージャーから、ISR Gen1(1800/2800/3800)の現行世代のインフラから移行する方法について相談を受けたかもしれません。確かに、新しいプラットフォームは驚くほど高速で、非常にパワフルですが、このようなアップグレードを行うことで、一体何が得られるのでしょうか?

ISR G2への移行には、確かにいくつかの正当な理由があります。以下は、技術的な観点からこの決断を深く掘り下げた、当社のリードエンジニアのインタビューの記録です。
Q: ネットワークエンジニアがISR G1よりもISR G2を導入する必要がある状況はありますか?
A:もちろんです。しかし、これらが必要になることは、一般的に考えられているよりもはるかに稀です。これらの小型ルーターの選択は、必要なスループットとどの物理的なインターフェースが必要かによって決まります。100Mbps以下の接続であれば、1800または2800で十分な性能を発揮します。スループット要件が100mb~500mbの場合は、1900または2900が適しています(ただし、これらのケースでは、通常、大幅な割引価格で十分な3800を提供することができます)。500mb以上の接続には、3900が適しています。

Q:これらは一般的にエッジルーターとして利用されていますが?一般的に組織は100MB以下の接続を使用しているのではないでしょうか?

A: その通りです。だからこそ、ISR G1(1800、2800、3800)が非常に適しているのです。 G2の1/3のコストで、G1は100mb以下の接続であればほとんどの環境で十分です。

Q:他にG1よりもG2を検討すべきケースはありますか?

A: そうですね、先ほど述べたように、物理的なインターフェースが必要になることもありますが、これはほとんど必要ありません。組織がEHWIC-ESGや4GワイヤレスWANモジュールを必要とする場合はG2が必要ですが、それ以外では、G1に対してG2が物理インターフェース面で大きな優位性を持つことはありません。

Q:G2とG1のソフトウェアの違いについて教えてください。

A: G1の最後のリリースは15.1(4)Mで、機能が豊富でバグが少ない堅牢なソフトウェアです。 15.2ソフトウェアの機能が必要になることは非常に稀ですが、これは(稀ではありますが)考慮すべき点です。また、G2のソフトウェアにはまだかなりのバグがあることが分かっており、G1のソフトウェアの方がはるかに成熟しているため、安定性の面で有利であることも言及しておきます。また、お客様がCall Mrg ExpressやUnity Expressを使用している場合は、G2をお勧めします。これらの機能はライセンスキーやソフトウェアに大きく依存しており、SMARTnetの下で維持することが重要だからです。

Q:G1にSMARTnetが搭載されるのはいつですか?

A: SMARTnetのサポートは2012年11月で終了します。しかし、私たちのNetsureは、わずかなコストで優れたサポートを提供することができます。Netsureについての詳しい情報こちらをご覧ください。

ホームネットワークを思い浮かべてみてください。多くの場合、ケーブルまたはXDSLモデムがルーターに接続されており、ルーターはギガビットNIC(1,000Mbps)を介してデバイスに接続されています。 あなたがISPに支払うサービスのレベルに応じて、モデムは1Mbpsから5Mbpsの速度を提供しています。 もしIntelが突然10ギガビットのNICを提供し、新しいNICがどれほどパワフルで高速であるかを伝えたとしても、あなたはおそらく感心しないでしょう。 お金を払って "アップグレード "しますか? もちろん、そんなことはありません。

Cisco 、1900、2900、および3900シリーズルータを導入したとき、彼らはいくつかの深刻なパフォーマンスの増加を含んでいたが、これらは通常、T1またはT3接続に使用されるため、ほとんどのユーザーは、このパフォーマンスの増加を見たり、恩恵を受けることはありません。 2811を6本のT1回線(密度を最大化するためにVWICを使用)で使用しているとします。各T1は1.54Mbpsで、合計9.24Mbpsです。 今、2811は61Mbpsのスループットを提供します(2821=87Mbps、2851=112Mbps)。そこへCisco の担当者がやってきて、この既存のインフラを撤去し、代わりに2911を導入することを提案する。 そのスループット向上を利用するために、それを実行しますか? もしそれが、以前のWICとNMへの投資を時代遅れにし、目に見えないスループットを得るために新しいインターフェースカードを購入することを意味するとしたら? また、ルーターの機能をアンロックするためにキーを必要とするユニバーサルIOSに移行することを意味するとしたら?

つまり、要約すると、1800、2800、および3800は、あなたにとって有用である限り、Curvature 。100mb以上の接続にはG2(または3800)、500mb以上の接続には3900をお勧めします。Call Mrg ExpressやUnity Expressを使用している場合、または15.2ソフトウェアのユニークな機能が必要な場合は、G2を使用する必要があります。ほとんどの目的では、これらのユニットは単純なアプリケーションに使用され、エンジニアはこれらのルーターが単純なタスクを実行し、それをうまく実行する必要があるだけです。それを考えると、G1sは非常に適している。そして、圧倒的なコスト・アドバンテージとソフトウェアの安定性というアドバンテージを組み合わせれば、G1sはより興味深いものになるだろう。

市場的には、1800、2800、3800は定価から75~80%以上の割引で、1900、2900、3900は定価から50%近い割引で販売されているのが一般的です。当社の在庫はISR G1とG2の両方がすぐに入手できる状態です。

スループット比較表。ISR G2シリーズとオリジナルISRシリーズの比較

ツイッター フェイスブック リンクトイン インスタグラム Youtube
2810 Coliseum Centre Drive Suite 600 28217 シャーロット、NC
+1(704)921-1620 [email protected]